タサン志麻って一体誰?何が凄い?”伝説の家政婦”の所以|沸騰ワード10

テレビ番組
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、「タサン志麻さん」 にフォーカスしてみました!
私は初めてうかがった名前だったんですが、なんと 「伝説の家政婦」 と称される凄い方でした 驚!

ぽー
ぽー

家政婦さんか!
個人的には身近なお仕事じゃないから、そういえばあんまり詳しくないな…。

たいちゃん
たいちゃん

僕は完全に 「家政婦は見た」 のイメージしか無いな… 汗。

“個人宅に行って、一定の時間、掃除や料理を作ったりする” のかな…?

まずは 「家政婦」 を少し知ってから、「タサン志麻さん」 がなぜ “伝説” と言われているのか、その理由を探りました

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

「家政婦」 のお仕事

ぽー
ぽー

まずは 「家政婦さん」 というお仕事の内容から!

「家政婦 (夫)」 とは、一般家庭の家事の補助、もしくは代行をするお仕事のことです。

たいちゃん
たいちゃん

お手伝いさん」 とも言われているよね。

業務自体は基本的に 「炊事」 「洗濯」 「掃除」 の他、「乳幼児の育児」 も対応することがあるそうです。

ぽー
ぽー

乳幼児の育児までお願いできるの!?

また、昔は介護も行なっていたそうですが、昨今は介護については専門であるホームヘルパーが対応するようになっています。

たいちゃん
たいちゃん

基本的に所謂 「家事」 といわれることに関してはお願いできるんだね。

タサン志麻さんのプロフィール

名前:タサン 志麻 (たさん しま) さん
出身:山口県
職業:フリーランス家政婦 (料理人)

“タサン” という名字ですが、ご主人がフランスの方なのだそうです!

タサン志麻さんは、高校卒業後調理師専門学校を経てフランスにある三つ星レストラン 「ジョルジュ・ブラン」 で修行

ぽー
ぽー

三ツ星レストラン!凄い経歴の持ち主なんだ!

その後帰国してからは、日本の老舗フランス料理店やビストロで、約15年間料理人として務めます。

もともと、15年以上の料理人歴と、フランスにある三ツ星レストランでの修行経験という、かなりしっかりとしたバックグラウンドがある方なんですね!

たいちゃん
たいちゃん

家政婦歴が長くて、もはや 「伝説並」 ということなのかと思ってたけど、どうやらそういう角度ではなさそうだね…。

スポンサーリンク

結婚・妊娠を機にフリーランスの家政婦へ

ぽー
ぽー

フランスにいる時に現地で出会った男性と結婚したのかと勝手に思ってたけど、全然違った 笑。

志麻さんは2015年に料理人を辞め、フランスの家庭料理を学ぶために再度渡仏を決め、資金を貯めるためのアルバイト先で今の旦那様と出会い、結婚されたのだそうです!

その後、妊娠されたことがきっかけで 「自分のペースで働けるように」 と、今のお仕事 “フリーランスの家政婦” を始められました。

たいちゃん
たいちゃん

「自分のペースで働けるように」 っていう理由でフリーランスの家政婦を始めちゃうってところが、すでに凄まじいエネルギーを感じるよね 驚!

しかし、確かに思う存分志麻さんの経歴を活かせて、且つ自分でスケジュールをコントロールできるとなると、”フリーランス” と “家政婦” というのは、一番しっくりくるお仕事の仕方だったのかもしれないですね。

ぽー
ぽー

確かに、志麻さんの経歴を存分に活かすことができそうだよね!

“伝説” の家政婦

今回の本題 「伝説」 とまで言われるようになった志麻さんの凄さとは、一体何なのでしょうか?

最初は掃除の依頼ばかりだった

たいちゃん
たいちゃん

確かに、「家政婦さんに何を頼みたい?」 と聞かれて、一番最初に浮かぶのは 「お掃除」 かなぁ…。

なんでしょう、お料理をお願いできることを知らない訳では無いのですが、「家で作る料理は自分で、外で食べる料理はお店で」 みたいな “暗黙の認識” というか、そういうものがあって、あまり選択肢としてパッとは浮かんでこないかも知れません。

志麻さんもそうだったようで、元料理人である志麻さんの元に来る依頼は半分以上が 「お掃除」 の依頼だったそうです。

ぽー
ぽー

せっかく料理人の経験が活かせると思ったのに。

そして、トイレ掃除をしながら 「私は一体何をしてるんだろう…」 と思っていたとか。

確かに…。

料理人として15年以上もの実績を持ち、務めていたお店も一流だった志麻さんが、人生の転機に選んだ仕事でまさかの掃除ばかりとは、私がもし同じ状況になったとしても、全く同じことを思うと思います 涙。

スポンサーリンク

少しずつ入り始めた料理の依頼で本領を発揮

たいちゃん
たいちゃん

諦めずに続けてたっていうのがまず凄いけど…。

それでも諦めず家政婦のお仕事を続けていた志麻さん。
少しずつ料理の依頼が入り始めます。

そして、このチャンスを逃さなかったのが、志麻さんの凄いところ!
料理の依頼が来た時、作り置き料理の中に、フレンチのお惣菜を3~4品入れておいたのだそうです。

ぽー
ぽー

これ、お願いした側からすると、結構な衝撃だよね 笑。

たいちゃん
たいちゃん

凄い普通に 「お料理お願いします~」 って依頼して、冷蔵庫開けたらフレンチのお惣菜が入ってるってめちゃくちゃビックリするよ!

ぽー
ぽー

私だったら、何か 「ものすごい得した」 気になる 笑。

たいちゃん
たいちゃん

依頼した時は、ごくごく一般的な、日本の家庭料理を作ってもらえると思ってるから、余計にだよね。

え!?この家政婦さんフレンチとか作れるの!?」 っていう。
しかも、材料はそんな特別なものではなく、自分ちの冷蔵庫に入っていたものだけを使っているわけですから、ビックリ度合いは凄いです。

ぽー
ぽー

そうだよ!
ちゃんと材料が全部揃ってるとかじゃなくて、冷蔵庫に今あるものから作るんだ!

たいちゃん
たいちゃん

レシピがないと作れない僕には到底できないことだな…。

同じような感想を持った方は多かったようで、その後 「次もお願いします」 とどんどん料理の依頼が増えていったそうです。

依頼者の家にあるモノと環境を使って “一流の家庭料理” を作る

これが志麻さんの最大の武器じゃないかと思います。

お店に料理を食べに行けば、お店にある厳選された食材、プロ用のキッチンを使って作られた料理を食べることができます。

しかし、家政婦さんがお料理を作る環境というのは、依頼者の家によってもキッチンの設備や環境は全く違いますし、当然冷蔵庫の中身も全然違うわけです。

ぽー
ぽー

確かに、自分が作ろうとしている料理の材料が完璧に揃ってるなんてこと、ほぼ無さそうだよね。

「あの器具がない」 「あの食材がない」 ということが余裕で起こる中でも、志麻さんは 「これを代用しよう」 「これなら、アレも作れる」 とイメージを働かせ、料理を完成させていきます。

たいちゃん
たいちゃん

限られた条件の中で 「一流の家庭料理」 を作るスキルが抜群に長けているんだね!

そして、依頼者の家庭の好みに合わせ、たった3時間で1週間分の作り置きを作ってくれるんです!

ぽー
ぽー

これ、自炊してる人はどれだけ凄いことか分かるよね 笑。

この志麻さんのセンスとスキルが、どんどん料理の依頼を増やし、結果として 「伝説の家政婦」 とまで言われるようになったのです。

スポンサーリンク

志麻さんの現在

知名度も上がった現在は、多数のレシピ本の出版の他、メディアへの出演、イベント講師、メーカーのレシピ監修など、かなり幅広い活躍をされています!

たいちゃん
たいちゃん

「伝説」 とまで評価されてるなら、当然だよね。

もちろん、家政婦も引き続きされていますよ!
ただし、やはり人気が出すぎて、かなり先までスケジュールが埋まってしまわれているようで、「今からすぐ頼みたい!」 とはいかないようです 汗。

大変申し訳ございませんが、現在、定期的にお受けしいるお仕事で先々までスケジュールがほとんど埋まっております。

新規のお仕事はお受けできない可能性がありますので、このブログ上で現状報告をさせていただきますのでご確認頂いてからメールをいただければ嬉しいです。

引用元:https://shima.themedia.jp/pages/2002598/profile
ぽー
ぽー

そりゃそうか 汗。

しかし、志麻さんのスキルが垣間見えるレシピ本も沢山販売されていますし、うまくタイミングが合えば、作り置きお惣菜を作ってもらえる可能性もゼロではない…かも!

たいちゃん
たいちゃん

レシピ本で、自分でもおいしくできるかやってみたいかも!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

「伝説の家政婦」 とは、紛れもなく志麻さんご本人の努力と、センスが生み出した賜物でした!

ぽー
ぽー

一度でいいから、志麻さんが作ってくれた特製のお惣菜を食べてみたいなぁ…。

フランスの料理が持つ温かさを、私を通じて感じて欲しい

引用元:https://esse-online.jp/articles/-/22307?page=2

という志麻さん。
肩書は 「料理人」 「料理家」 ではなく、あくまで 「家政婦」 なんだそうです。

たいちゃん
たいちゃん

肩書も、しっかりと志麻さん自身の考えが反映されているんだね。かっこいい方だ!

このことからも、志麻さんご自身が大事にされている、家庭料理の温かさを伝えたいという思いが現れていますよね。

今後も、ますます活躍の場が広がっていかれるのだと思います!
私も志麻さんの料理の基本のレシピ本を買おうかと思います…^^!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました