木下優樹菜|タピオカ騒動をわかりやすく振り返る

炎上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぽー
ぽー

これは大騒動だったよね。

たいちゃん
たいちゃん

これ以降、「タピオカ」 「事務所総出」 は、木下優樹菜さんの代名詞みたいになってしまったね。

既に騒動から4年が経過しているにも関わらず、未だ話題にのぼり続ける、木下優樹菜さんの 「タピオカ騒動」

今回は、木下優樹菜さんの世間のイメージが大きく降下してしまうキッカケとなったこの騒動について、今一度わかりやすく振り返ります。

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

木下優樹菜さんの姉 (さやかさん) の務めるタピオカ店を宣伝

2019年7月に、東京都内に 「#ALLRIGHT」 というタピオカ店がオープン
(現在も営業中)

当初、木下優樹菜さんは、自身のSNSに 「姉がタピオカ店を始めた」 と、姉がオーナーであるかのような記載をしていましたが、実際は、一従業員とのこと。

しかし、木下優樹菜さんも積極的にこのタピオカ店の宣伝を行なったことで、多くの来客がありました。

ぽー
ぽー

お姉さんともめちゃくちゃ似てるし、Instagram とかでも結構宣伝していたから、オープン当初から結構な人気だったらしいね。

たいちゃん
たいちゃん

「芸能人の身内」 で木下優樹菜さん自身が若者に人気だったから、タピオカっていう商品ともバッチリ合ったんだろうね。

オープンからわずか3ヶ月で早くもタピオカ店への批判を投稿

その後、タピオカ店のオープンからわずか3ヶ月、10月に、木下優樹菜さんは自身の SNS 上で、このタピオカ店に対し長文で批判を投稿、大きな話題になりました。

批判の概要は、

  • 給料未払い
  • 木下優樹菜さんの宣伝を 「迷惑」 と言われた (結果、姉が病んで退職した)
  • メールしても返信がない 
  • 書類が盗まれたことの犯人として姉が疑われた

この投稿があった当時、この文章の書き方もあり、木下優樹菜さんの姉に対する擁護のコメントが多く寄せられました。

ぽー
ぽー

この書き方だと、完全に 「ヤバい店」 だ。

たいちゃん
たいちゃん

そもそも、姉の一方的な話を公にした可能性があるっていうのもあるけど、芸能人の投稿だし、信じ込んで店を批判する人も、少なからずいただろうからね。

スポンサーリンク

その後、木下優樹菜さんが店長へDM

その後、姉を気遣った木下優樹菜さんは、SNS から直接タピオカ店店長にDMを送り、その内容が公になると、一気に雲行きが怪しくなり始めます。

言葉遣いは、とてもいい歳の大人が書いているものとは思えない稚拙さ、店長を 「ばばあ」 「おばさん」 などと呼んでいます。

また、「事務所総出でやります」 と、恐喝とも受け取れる言葉を出し、この投稿によって、一気に木下優樹菜さんへ批判の矛先が向くことになったのです。

ぽー
ぽー

この投稿は、ほんと驚きだったなぁ。

たいちゃん
たいちゃん

いい歳した大人の女性が、他人である店舗の店長に送る内容とはとても思えない文章だね…。

ぽー
ぽー

ヤンキーが気に入らない相手を恫喝してるだけっていう。

たいちゃん
たいちゃん

しかも、芸能人であることを利用して恫喝なんで、言語道断だよ。

スポンサーリンク

更に、タピオカ店関係者が反論を投稿

そして、このタピオカ店の関係者と思われる人物により、木下優樹菜さんの主張がそもそもウソであることをX(Twitter) に投稿、完全に形勢が逆転しました。

  • 給料未払い

→ 姉が取りに行かなかっただけ (振込みで対応したため、明細を渡せず)

 

  • 木下優樹菜さんの宣伝を 「迷惑」 と言われた (結果、姉が病んで退職した)

→ 店長が姉であるような発言をし、且つ事前に許可を得ず勝手に宣伝していたため、予期せぬ来客の増加とターゲット層以外の来店に迷惑していた

 

  • メールしても返信がない

→ 店舗はワンオペの為対応が難しく、更には木下優樹菜さんからの恐喝じみたメッセージに恐怖を感じていたため、返信しなかった

 

  • 書類が盗まれたことの犯人として姉が疑われた

→ 盗難について警察に相談した結果、「まずは従業員に話を聞くこと」 を指示されたため、「盗まれた書類についてなにか知らないか」 と聞いただけ

 

このように、最初の批判の時点で既に全く事実とは異なる内容となっており、更に木下優樹菜さんへの批判の声はどんどん高まっていきました。

ぽー
ぽー

この頃には、完全に 「木下優樹菜何やってんのまじで」 っていう流れになってたね。

たいちゃん
たいちゃん

散々被害者アピールしていたのが、根底から事実じゃないことで恐喝までしてたんだからね。

スポンサーリンク

その後の対応にも批判が殺到

最終的には木下優樹菜側から Instagram 上で謝罪文の掲載がありましたが、既に店長へのDMで稚拙さが露呈してしまっていたため、世間の反応は大変冷ややかなものでした。

「別人が書いただろ」 など、本人が書いてすらいないのではという声もあがり、この一件で、木下優樹菜さんは完全に世間からの信用を失ってしまったのです。

更に、店長にもは謝罪文を送ったものの、「第三者にこの話をするな」 という内容が盛り込まれていました。

店舗へ謝罪に出向いたという話も、当時の夫 (藤本敏史さん) と実母と共に行き、当の本人は店舗の近くに待機していただけで、店長も不在だったことから、最後まで誠意のある謝罪を行わなかった木下優樹菜さんに、世間は呆れ返ります。

ぽー
ぽー

なんか、全部ダメだな。

たいちゃん
たいちゃん

「選択を間違っている」 とかではなくて、本人に誠意が無さすぎるよね。

ぽー
ぽー

店長は、完全に被害者だったね…。

タピオカ店店長側が訴訟

そして、タピオカ店店長が、木下優樹菜さんに対して 「損害賠償請求」 の訴訟を起こしました。

木下優樹菜さん側は示談にしようと掛け合いますが、店長側はこれを拒否

完全に、「木下優樹菜さんの恐喝行為をハッキリさせる」 という目的で裁判に持ち込んだのです。

たいちゃん
たいちゃん

そりゃそういう気持ちにもなるよ…。

ぽー
ぽー

散々暴言吐かれて、大事になったら 「すみませんでしただけど誰にも言うな」 って、許すはずないよ。

たいちゃん
たいちゃん

裁判は、双方代理人弁護士が出席したってことで、最後まで対面できちんと謝罪してないんだよね。

スポンサーリンク

「脅迫行為」 が認められた

東京地裁は、 「脅迫行為にあたる」 ということで、木下優樹菜さん側に40万円の支払いを命じました。

このことで、完全に 「木下優樹菜さん側に非がある」 ということが確定しました。

その後、木下優樹菜さんは Youtube に謝罪動画を投稿。

涙ながらに謝罪したものの、最後に休業していた芸能活動の復帰を漏らし、再度批判の的となります。

ぽー
ぽー

全部の対応が 「なんでそれ言うの?」 ってことだらけだったんだよね。

たいちゃん
たいちゃん

「謝罪しながら 「他人に漏らすな」」 とか 「謝罪しながら 「でも芸能界復帰します」」 とか…。

ぽー
ぽー

実際、謝罪動画の低評価数がとんでもないことになって、それでも話題になったしね。

たいちゃん
たいちゃん

その低評価の数が、世間の評価ってことだね。

結局、事実上この件をキッカケに芸能界を引退することとなりましたが、その後木下優樹菜さんはこの件が無かったかのように、いつも通りのSNS投稿を続けています。

ぽー
ぽー

やっぱり、並の心臓ではないってことだね。

たいちゃん
たいちゃん

ちょっと、一般人の感覚では理解できないよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ぽー
ぽー

ちょっと、この件については擁護できるポイントは見当たらないかな…。

たいちゃん
たいちゃん

ひたすら店長が可哀想な騒動だったね。

ぽー
ぽー

でも、店長は精神的にだいぶダメージを負っていただろうに、訴訟を起こして事実を明るみにしたのは、スゴイと思うよ!

たいちゃん
たいちゃん

木下優樹菜さん自身が、それをどう受け止めてるかは謎だけどね…。

ぽー
ぽー

この件を一生引きずる必要はないとは思うけど、やっぱり、直接ちゃんと対面で謝罪をするべきだったと思う。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました