パルクールは素人でもできる?危険度を調査|学校では教えてくれないそこんトコロ!

アスリート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たいちゃん
たいちゃん

「パルクール」 って聞いたことある?

ぽー
ぽー

…何となく美味しそうn

たいちゃん
たいちゃん

スポーツだね。
自分の体だけで縦横無尽に障害物を越えていく、シンプルだけど難易度のすごく高いスポーツなんだ!

ぽー
ぽー

(なんかごめん…)
スポーツね 笑!
スタントとはまた違うのか…。

今回は、「危険なスポーツ」 というイメージの強いパルクールについて調査しました!

スポーツの経験が少なくても楽しめるものなのか、パルクールの危険度など、興味を持っている方は是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

「パルクール」 とは

フランス生まれの、走る・跳ぶ・登るなどの「移動動作」で心身を鍛える運動方法です。
街や森で、自由にスタートとゴールを決めて、障害物を越えることで体を鍛えていきます。

引用元:https://parkour.jp/about-parkour/

ぽー
ぽー

フランス生まれなんだ!なんか以外!

たいちゃん
たいちゃん

特に 「競技場」 みたいな整備された場所でやるんじゃなくて、どこにでもある 「公園」 とか 「岩場」 とか 「街中」 とか、どこでも行われていて、そういう場所を 「スポット」 って言うんだ!

ぽー
ぽー

本当に自分の体一つあれば成立しちゃうスポーツなんだね。

たいちゃん
たいちゃん

その通り!
どちらかと言うと、人と競い合うというよりは、自分の限界を克服 (超える) するっていう感覚のスポーツなんだよ。

ぽー
ぽー

かっこよすぎやろて…。
なるほど、「自分を高める」 ためのスポーツってことね。

本当に 「危険」 ?

ぽー
ぽー

気になるのはここだよね。

たいちゃん
たいちゃん

確かに、CMとか映画で観たことあるけど、凄い高いビルの間を飛び回ったりしてるから、それ観たら 「安全だな」 って思うのはなかなかアレかも… 汗。

しかし、先に書いた通り、場所を問わずどこでも行われているパルクールは、「危険な場所にチャレンジしなければいけない」 などという条件は全くありませんので、パルクール自体が危険なスポーツということではありません

映画やCMなどで観る派手はパフォーマンスは、あくまで特殊な例であり、すでにパルクールで十分な経験と実績がある人が行なっていることです。

そういった派手なパフォーマンスを目指すためのものではそもそもありませんので、パルクールは、世界各国、幅広い年齢層の人々に楽しまれているスポーツとなっています。

ぽー
ぽー

パルクールはあくまで 「移動」 であって、「アクロバット」 じゃないってことだね。

たいちゃん
たいちゃん

身体能力を高めていった結果、アクロバティックな動きを取り入れることはあるけど、最初からそこが目的なんじゃないってことをしっかりと理解しておかないとね。

ぽー
ぽー

「今の自分の運動能力」 を理解して、今楽しめる範囲のパルクールを楽しめばそれでOKってことね!

スポンサーリンク

実際に起こった事故

・20歳男性が集合住宅の12階から転落し、死亡 (ロシア)
・16階建てビルの縁ギリギリで前転を行い失敗、転落し、死亡 (ロシア)
・カメラを意識しながらビルの間を行き来していた男性が、足を踏み外し転落、死亡
・21歳男性が橋から飛び降り、着水から数十秒後に死亡 (中国)
たいちゃん
たいちゃん

想像しただけで鳥肌が立つくらい怖いよ…。

ぽー
ぽー

慣れてきて、「もっと危険なところで度胸を試してみたい」 とか 「目立ちたい」 っていう気持ちが出てきたくらいが一番危ないってことだね…。

たいちゃん
たいちゃん

特に今は、SNSで自分のパフォーマンスを世界中に配信できるし、自分が一番!ってアピールしたくなる気持ちも分からなくはないけど…。

ぽー
ぽー

無謀なことをしたり、カメラ映りを意識しすぎてふと気が抜けた瞬間に、足を踏み外したり、手が滑ったりするんだろうね。

たいちゃん
たいちゃん

何度も言うけど、パルクールって誰かと競い合うことが目的じゃないから、「誰より目立ちたい」 とか、度胸試しでやるものじゃないってことをしっかり理解しないといけないよ。

ぽー
ぽー

危険なのはパルクールじゃなくて、趣旨を理解せずに無謀なことをしようとする人だってことだね…。

やってみたい!どこでできる?

たいちゃん
たいちゃん

「どこでもどうぞ」 とはいえ、最初のチャレンジは何していいかも分からないよね。

ぽー
ぽー

初心者の人は特に、できるだけ安全を確保できる状態でチャレンジしたほうがいいしね!

全国に、パルクールを気軽に楽しめる施設があります!

たいちゃん
たいちゃん

最初は、こういう教室や施設を利用して体験するのがいいね!

ぽー
ぽー

始めたばかりのうちは、技がどうのこうのとかいう話じゃないし、スタッフさんに色々教えてもらえるところがいいよね。

たいちゃん
たいちゃん

こういうところで十分体が慣れたら、公園とかで少しずつやってみると楽しくなりそう!

ぽー
ぽー

ただし、公の場でやる時は、うっかり不法侵入なんかになったり、周りにいる人に危険が及んだりしないよう、十分に注意が必要だよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ぽー
ぽー

競い合うスポーツかと思ったけど、全然そうじゃないってことで、何かちゃんとその辺分かってやればすごく楽しめそうだと思ったよ!

たいちゃん
たいちゃん

気分転換にもいいよね!

ぽー
ぽー

とにかく、ちゃんと注意すべきところは注意して、趣旨を見誤らないってことだね。

・人と競い合わない
・自分の限界以上のことをしない
・度胸試しをしない
・目立とうとしない
・周りの人に迷惑をかけない
・私有地で勝手にやらない
たいちゃん
たいちゃん

このあたりのことはしっかり守って、正しく楽しまないとね。

ぽー
ぽー

シンプルなスポーツだけに、少しでも判断を間違えると、最悪命を落としかねないからね。
慣れてきたくらいが本当に一番危険だと思うよ。

たいちゃん
たいちゃん

自分の運動能力を伸ばすことを目的に、無理なく、楽しくやろうね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました