メーガン妃って性格が悪いの?不仲、別居のウワサ|モーニングショー

テレビ番組
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぽー
ぽー

メーガン妃っていうか、メーガンさんだよね、今。

たいちゃん
たいちゃん

そうね、王室は離脱しているから、正確には 「妃」 ではないね。

ぽー
ぽー

日本ではいまでも 「ヘンリー王子」 「メーガン妃」 って言ってるけども。

たいちゃん
たいちゃん

離脱までして、2人の絆が強いのかと思いきや、最近になって 「不仲、別居」 ってウワサが出てきだしたよね。

ぽー
ぽー

ヘンリーさんは、お兄さんであるウィリアム皇太子に電話して 「王室に戻りたい」 って言ってるとかなんとか…。

今までも、何度かこのお2人について日本でもニュースになってきましたが、その度に 「自己主張の激しいメーガン妃とそれについていくヘンリー王子」 という印象がありました。

今回は、そんなウワサのメーガンさんの性格について調査!
是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

メーガンさんのプロフィール

名前:メーガン・マークル (Meghan Markle) さん
称号:サセックス公爵夫人
生年月日:1981年8月4日 (42歳 ※2023年現在)
配偶者:トレヴァー・エンゲルソン (2011年~2013年) / サセックス公爵ヘンリー王子 (2018年~)2002年~2018年は、女優として活動していた。
たいちゃん
たいちゃん

あ、バツイチなの!?

ぽー
ぽー

私も今知った…。
最初の結婚は2年だったのかぁ…。

たいちゃん
たいちゃん

調べたら、この元夫のトレヴァー・エンゲルソンっていう人は映画プロデューサーで、すでに2019年に資産家令嬢さんと再婚済みらしい!

ぽー
ぽー

資産家令嬢と再婚した元夫とイギリス王子と再婚した元妻…壮大が過ぎる。

メーガンさんとヘンリーさんの出会い

たいちゃん
たいちゃん

そう言えば、「結婚!」 ってニュースがバーンと出てきた感じで、出会いは知らないな。

メーガンさんは最初の結婚に終止符を打った後も恋人が途切れることはなく、ヘンリーさんもかなり奔放な恋愛歴で有名でした。

そして、そんな2が出会ったのは、2016年
共通の友人がセッティングしたブラインドデートでした。

お互いをほぼ知らなかったそうですが、ヘンリーさんはメーガンさんに一目惚れ、すぐに意気投合したことから、程なくして交際がスタートしました。

その後交際は順調に進み、メーガンさんが出演していたドラマ 「Suit / スーツ」 のクランクアップ後、すぐに渡英し、婚約発表となったのです。

ぽー
ぽー

イギリス王子と女優さんってことで、出会いから何からスケールがデカいね…

たいちゃん
たいちゃん

しかし、ヘンリーさんも奔放な恋愛で有名だったってことで、日本の皇室とは全くなんか…違うね

ぽー
ぽー

そうだね…。
皇室は厳かさが半端ない気がする…自分の国のことだから余計のそう思うんだろうか?

たいちゃん
たいちゃん

少なくとも、皇室の方々が自由に恋愛している印象は無いよね。

ぽー
ぽー

たまたま、「Suit」 を観始めたくらいの時期で 「イギリス王子と婚約」 ってニュースを見て、めちゃくちゃビックリしたのを覚えてるよ 笑。

スポンサーリンク

2018年の結婚後

ヘンリーさんとの結婚で世界中から注目されるようになったメーガンさんは、しばらくは自身の考えを積極的に発信し、「強い女性」 として世界中の女性から尊敬の眼差しを向けられていました。

しかし、その後王室批判とも取れる発言を繰り返すようになったことから、世間からの評価は一変、一気にマイナスイメージが強くなってしまいます。

たいちゃん
たいちゃん

特に、息子さんが産まれた後の 「王家の人々から人種差別された」 発言は、日本でもかなり大々的に報道されたよね。

ぽー
ぽー

王家側は 「そんな訳あるか」 的な反論で、言い分が真っ向から食い違ってたんだよね。

たいちゃん
たいちゃん

そこからの批判の加速はすごかったね。

ぽー
ぽー

何か事あるごとに批判とか確執とかが報道されるようになって、“幸せな結婚” のイメージがすっかり崩れ去ってしまったっていう。

王室批判、王家との確執

  • 息子のアーチーちゃんが産まれる前、メーガンさんの母親が黒人、父親が白人であることから、「産まれてくる子はどれくらい肌が黒いのか」 と言われた
  • この発言を受け、自ら命を経つことも考えた
  • 「義父であるチャールズ皇太子から見捨てられ、金銭的支援を断ち切られた」
  • 結婚式の際、キャサリン妃を泣かせた (と報道)
  • 「キャサリン妃がフラワーガールの衣装についてキャサリン妃が不機嫌で、傷ついて泣いたのは自分

他にも挙げるとキリがありませんが、次第にヘンリーさんも王室批判をするようになり、最初はメーガンさんだけが批判の的になりがちだったものの、すっかり 「問題夫婦」 として見られるように。

二人の批判に対し、都度王室も真っ向から反論し、夫婦に対する批判を行い、王室とヘンリー夫妻は完全に 「犬猿の仲」 となってしまったのでした。

そして、最終的に夫婦の 「王室離脱」 という結末を迎えてしまったのです。

たいちゃん
たいちゃん

ここで人種的な話をするべきではないかも知れないけど、それでも、やっぱり日本人の感覚からすると想像できない騒動だなって思うよ。

ぽー
ぽー

さすがに 「泣かせた」 「泣いた」 とかはちょっと違和感があったかなぁ…。

たいちゃん
たいちゃん

王室離脱してアメリカに移住してからも、結局王室をネタに大金を稼ぐ夫婦のやり方に、世界中から批判が殺到したよね。

ぽー
ぽー

「メンタルの強さ半端ないな」 って思いながら、毎回報道を見てたよ。

スポンサーリンク

メーガンさんがバッシングされている要因

① 王室に馴染もうとせず、自己主張ばかりだった
② 環境保護活動に熱心かと思いきや、自身はジェット機を使い、嫁ぐ際には愛犬も手放してしまった
③ 伝統や公務嫌いなのに、称号はキープしようとする
④ プライバシーについて訴えるのに、Netflixと巨額の契約をするなど、目立とうとする行動が多い
⑤ 多様性を訴えるが、見た目は全く黒人らしくないため、「カードとして使っている」 という印象を持つ人が多い
たいちゃん
たいちゃん

ちょっと意地悪な目線の書き方ではあるけど、特にアンチ側の人達からすると、こういう印象が強いみたいだね。

ぽー
ぽー

自己主張はかなり強いとは思う、たしかに。

たいちゃん
たいちゃん

自分の意思が最優先、っていう認識はありそうかな。

ぽー
ぽー

発言と行動に矛盾が多いのも、アンチを増やす原因になってるだろうね。

周りが抱くメーガンさんの性格

  • それほどステキな人じゃない。素で温かい人じゃない (レベル・ウィルソン / 女優)
  • ワガママ (数々の報道を見た世間の評判)
  • 本当にかわいくて優しく、大人の女の子だったが、彼女は自分が何をしているのかよく分かって僕らの心をもてあそんだ (高校時代の知人)
  • 利用するだけ利用した挙句、2年もしないうちに元夫を捨てた (メーガンさんの異母兄)
たいちゃん
たいちゃん

な…なかなかの言われよう…。

ぽー
ぽー

これだけで 「メーガンさんは性格が悪い!」 って決めつけることは当然ダメだけど、好かれる・嫌われるが、かなり極端な人なのかもね。

たいちゃん
たいちゃん

誰にでも体調や機嫌が良くないことだってあるし、365日、出会う人全員に愛想よくなんて無理なんだけど…。

ぽー
ぽー

まぁ、元王室の人で、元々の職業も女優さんってことで、常に人目があるから、その1回の対応が、とんでもない印象を与えてしまう可能性はあるよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか!

たいちゃん
たいちゃん

なかなか辛辣な内容が並んでて、ちょっと心臓が痛いよ。

ぽー
ぽー

彼女の本当の姿は、多分ヘンリーさんしか知らないしね。

たいちゃん
たいちゃん

多分、本人の性格ってのもあるかもだけど、こう…発言する内容とかタイミングとかやり方がまずいのかもね。

ぽー
ぽー

炎上してるところに油注いじゃうタイプね。

たいちゃん
たいちゃん

気が強いってのは確かにあると思うんだけど、批判を続けちゃうと、今度は 「ネタ」 とか 「被害妄想」 とか 「人のせいにしてる」 っていう印象が強くなっちゃうよね。

ぽー
ぽー

2人が本当に幸せなら、それだけで良いんだけどね。

たいちゃん
たいちゃん

王室まで巻き込んだ大騒動だから、また難しいところだよね…。

ぽー
ぽー

今は別居のウワサまで出てきてるし、めちゃくちゃ部外者の自覚があるけど、何か頑張ってほしいよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました