岩崎圭一って誰?なんで手漕ぎで大西洋横断してる?|マツコ会議

アーティスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて、今回は、ちょっと変わった、でも凄い経歴を持っている 「岩崎圭一さん」 という方をご紹介します!

ぽー
ぽー

私は初めて聞いた人だなぁ…。

たいちゃん
たいちゃん

詳しくは後で紹介するけど、この人は何もかもスケールがどデカいんだ!

ぽー
ぽー

スケールがどデカい!?
世界的に何かで活躍してるとかかな…。

では、一体何がそんなに凄いのか、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

岩崎 圭一さんのプロフィール

・名前:岩崎 圭一 (いわさき けいいち) さん
・生年月日:1972年6月27日 (51歳 ※2023年時点)
・出身:群馬県
・職業:マジシャン、旅人
ぽー
ぽー

ん…?
職業:マジシャン、旅人?…ん?

たいちゃん
たいちゃん

ちょっとこれだけじゃよく分からないよね 笑。
ただただ凄い不思議な人って感じだ。

ぽー
ぽー

なんか、すでにちょっと常人とは違う雰囲気はすごい出てるけどね 笑。

たいちゃん
たいちゃん

しかし、51歳で手漕ぎボートで大西洋横断しようとするってとんでもないな…。

もともと 「世界」 に対する思いが強かった

28歳頃までは、父親が群馬で経営する町工場で働いていましたが、「世界をみたい」 とたった所持金160円だけで日本を飛び出しました。

そこから、結局22年間もの間日本に帰らず、マジックで稼いだお金を使って世界中を旅し続けています。

最も最近では、「手漕ぎボートで大西洋横断」 という大掛かりなチャレンジを行い、無事チャレンジ完了され、現在はイタリア南部で大道芸を披露されているとのこと。

早速、意識は次の旅に向かっているのかもしれません。

ぽー
ぽー

これは凄い憧れる生き方だ!!

たいちゃん
たいちゃん

安全・安定がモットーの僕には想像もできない行動力だよ…。

ぽー
ぽー

私は、27歳の時に同じく 「一旦日本を出たい」 って一人でアメリカに行った経験があるから、この 「日本を出たい」 「世界をみたい」 っていう気持ちはものすごく理解できるな。

たいちゃん
たいちゃん

今もフィリピン移住の準備中だしね 笑。

ぽー
ぽー

そうそう 笑。
ただ、私とは勢いのレベルが違うなw
私は少ないけどある程度貯金して、ビザを調べて…ってちょっと慎重なところがあるけど、160円でいきなり旅は、とんでもない度胸だわ 笑。

たいちゃん
たいちゃん

ほんとだね。
誰でもできることでは決して無いよ。しかも、前提としてマジシャンがあるのかと思ったら、普通に町工場で働いてたっていうんだから。

ぽー
ぽー

マジシャンが先じゃなくて、旅の費用調達のためにマジックでお金を稼いだってことだったとは。

たいちゃん
たいちゃん

やっぱり、とんでもないスケールの人だ…。

スポンサーリンク

資金調達のために出場したオーディション番組でうっかり日本人初の快挙

イタリアのローマで、いつものように大道芸を披露していたところ、偶然テレビ局関係者が通りかかって岩崎さんの芸を見て、オーディション番組への出場をスカウトされます。

そのオーディション番組というのが 「BGT (ブリティッシュゴットタレント)」 という、世界的有名アーティストを何人も排出している、イギリスの超有名オーディション番組でした。

その時すでに 「手漕ぎボートで大西洋を横断したい」 という目標があった岩崎さんは、ボート代も稼ぎたいということで、2022年5月に番組に出場します。

そして、マジックで会場中を魅了した結果、なんと 「日本人初のゴールデンブザー獲得」 というとんでもない快挙を達成してしまったのでした。

ぽー
ぽー

Twitterの報告が、ほんと 「うっかり取っちゃった」 って感じで笑ったよ 笑。

たいちゃん
たいちゃん

「ゴールデンブザー」 っていうのは、番組内でもものすごく盛り上がるところで、各審査員が1回だけ、「絶対通したい」 と思った出場者に使える黄金のボタンなんだ!

ぽー
ぽー

そうそう、それで、それをもらった出場者は、無条件で本選に出場する権利を獲得できるんだけど、「ゴールデンブザーを取った」 っていうこと自体でむちゃくちゃ話題になるんだよね。

たいちゃん
たいちゃん

番組自体は、最近 「とにかく明るい安村」 さんの快進撃で国内でも話題になったよね!

ぽー
ぽー

続々と日本人が世界の土俵で活躍していくようになって感動してるよ。

スポンサーリンク

手漕ぎボートで大西洋横断

Google map

BGTでは賞金は得られなかったものの、その活躍を見て、支援してくれるスポンサーが現れたことで、無事手漕ぎボートを購入

次なる目標であった、「大西洋横断」 にいよいよ出発されました。

ルートは、ポルトガルのラゴスから、カリブ海にあるイングリッシュハーバーまで、実に、約5,000キロもの長旅に出たのです。

それから106日もの日数をかけて、無事チャレンジ完了されています。

ぽー
ぽー

手漕ぎボートってさ…。
手で漕ぐボートだよね…。

たいちゃん
たいちゃん

そうだよw
オールが付いてて、「エッホ、エッホ」 って体全体を使って漕ぐアレだね。
でっかいカヌーを想像すると一番近いかも。

ぽー
ぽー

それで5,000キロ渡ったって…腕とんでもなくない!?

たいちゃん
たいちゃん

当然休み休みなんだろうけど、それでもとてつもない挑戦だよね。
本当に人力のみで大西洋を渡っちゃったんだ!

たいちゃん
たいちゃん

実は、手漕ぎボートはこれが初めてではなくて、2005年にガンジス川、カスピ海を渡った実績があるんだよ。

ぽー
ぽー

バイタリティが服着てるみたいな人なんだな…。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ぽー
ぽー

「世界をみる」 ために、マジックでお金を稼ぎながら旅する、とんでもなくエネルギッシュな人だということが分かったよ。

たいちゃん
たいちゃん

賞金は無かったけど、やっぱり 「ゴールデンブザーを取った人」 っていうネームバリューは凄いよね。

ぽー
ぽー

それで、今までよりも観客が集まりやすくなるだろうしね!

たいちゃん
たいちゃん

次は…どこに行くつもりなんだろう…。

ぽー
ぽー

「人生 = 旅」 っていう、とってもステキな生き方をされている方だね…!

岩崎 圭一さんのTwitter

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました