ファスト映画訴訟の犯人の本名は?今どこにいる?|5億円賠償命令

事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年6月に初の逮捕者が出たことで、”違法” という認知が広まった 「ファスト映画」

軽い気持ちで著作物をSNSにアップすると逮捕される」 ということが広く広まりました。

今回、その 「ファスト映画」 で逮捕された犯人の1名に対し、東京地裁が5億円に及ぶ賠償命令を下したことで、再び大きな話題となっています。

しかも、この命令を受けた犯人は、現在 「所在不明」。

今回、この 「ファスト映画事件」 について調査
是非最後までご覧ください!

💡 この記事でわかること 💡

・「ファスト映画」 とは何なのか、何が 「違法」 になるのか
・「引用」 と何が違うのか
・損害賠償請求訴訟の概要
・「所在不明」 なのは誰なのか

スポンサーリンク

「ファスト映画」 とは

ぽー
ぽー

一時期、Youtube に沢山チャンネルが出来て人気が出てたジャンルだよね。

たいちゃん
たいちゃん

「映画を丸々観るのはしんどい」 「概要だけ分かればいい」 という層に大ウケだったんだよね。

 

「ファスト映画」 とは、「ファスト = fast (速い・迅速)」 ということで、映画の中の実際の映像を使用し、字幕やナレーションを入れるなどして、10分程度の動画にまとめられたもの。

2020年の春頃から、主に Youtube にこの 「ファスト映画」 が投稿され始め、「映画館に行かなくても内容が分かる」 「2時間程度の時間も拘束されたくない」 という層に大きな人気が出ました。

「ファスト映画」 の他、「ファストシネマ」 「あらすじ動画」 などとも呼ばれています。

 

ぽー
ぽー

ちょうど 「タイパタイパ」 言われ始めた頃だね。

たいちゃん
たいちゃん

「タイムパフォーマンス」 か。
“いかに時間をかけずに楽しむか” ってやつ。

何が違法なのか

「ファスト映画」 は、以下の侵害行為にあたります。

  • ネタとなる映画を取得すること → 複製権の侵害
  • ファスト映画を制作するにあたって発生する編集行為 → 翻案権、同一性保持権の侵害
  • Youtube など、配信サイトへ投稿すること → 公衆送信権の侵害

そもそも、作品の著作者に対してなんの許可も得ずに、「第三者が勝手に映像を使用、編集、投稿をして収益を得る」 という行為が “悪いこと” だというのは、容易に想像がつくと思います。

同じく話題となった 「漫画村」 や 「ファスト映画」 の摘発に強力している弁護士・中島博之さんによると、このような 「侵害」 の他、

「公開後すぐの映画の、最もミステリアスな部分であるラストを発信してしまうことにより、「営業妨害」 や 「不正競争防止法」 などに触れる可能性もある」

との見解を示しています。

また、この侵害行為にあたるコンテンツを後から削除したとしてもその罪は消えず、削除された違法コンテンツの投稿者を追跡することも可能です。

 

ぽー
ぽー

投稿者も、明らかに 「悪いこと」 って分かっててやってたんだろうなって。

たいちゃん
たいちゃん

違法アップロード」 の時みたいに、逮捕者が出ていないのをいいことに 「自分も自分も」 って軽い気持ちでやったんだろうね。

スポンサーリンク

「引用」 とは違うのか

「ファスト映画」 の投稿者たちは、「引用の範囲内」 ということを主張します。

しかし、文部科学省からは 「映画の映像や画像を許可なしにアップ (使用) するのは違法」 「単純に短くして紹介するということは引用とは認められない」 とのコメントを発表しています。

批評や感想を紹介することを目的としてその一部として引用するのではなく、コンテンツそのものを編集して投稿することは 「引用」 とは言わないのです。

 

ぽー
ぽー

そう言われたら、本当その通りだよね。

たいちゃん
たいちゃん

「引用」 っていうか 「動画ネタのメインそのもの」 だしね。

ぽー
ぽー

さすがにこれが 「引用」 は通じないよ。

5億円の賠償命令

「ファスト映画」 での逮捕者は男性2名、女性1名の計3名
2021年6月23日に逮捕されています。

そして、映像会社大手13社が損害賠償を求め裁判を起こし、3名のうち2名の男女に対しては、2022年11月、すでに5億円の賠償命令が下っています。

今回、最後の1人であった男性に対しても同じく5億円の賠償命令が下りましたが、この男性は現在所在が不明となっているため、「所在不明の対象に対しての高額賠償命令」 ということで、話題になっています。

この5億円の損害賠償は、それぞれではなく、「3人で5億円を連帯して支払う」 という判決になります。

 

たいちゃん
たいちゃん

確かに、どこにいるかわからない相手からどうやってお金を徴収するんだろう?

ぽー
ぽー

裁判自体は、「訴状を裁判所に貼り出す = 当事者に届いた」 とみなす 「公示送達」 という方法が取られたそうだよ。

たいちゃん
たいちゃん

結局、今回の男性は裁判に一切参加せずに、雲隠れしてるってわけだ。

ぽー
ぽー

これだけの多額の被害が出てて、逃げ切れるわけないだろうに…。

スポンサーリンク

「所在不明の男性」 とは

この、「所在不明」 となっている男性は、「高杉 幸男 容疑者 (逮捕当時48歳)」。

現在、海外にいるとみられていますが、正確な所在は現時点でも不明となっています。

 

たいちゃん
たいちゃん

海外にいる可能性があるのか…。

ぽー
ぽー

完全に隠れてるんだな。

 

今回の判決に対し、コンテンツ海外流通促進機構 (CODA)「”逃げ得は許さない” という状況を作り上げていく一助となることを期待する」 というコメントを発表。
※日本コンテンツの海外展開の促進と海賊版対策を目的に、設立された団体

このまま、「なんの責任も取らずに逃げ通される」 ということは、今回の問題の大きさからも、無さそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

 

たいちゃん
たいちゃん

とにかく、早く所在が分かってほしいね。

ぽー
ぽー

CODA もコメントを出してる通り、「逃げ得」 は絶対許されないよ。

たいちゃん
たいちゃん

映像会社からしたら、「ファスト映画」 を見た人達、まるっと奪われた感じだしね。

ぽー
ぽー

しかもその奪われた人達の収益が犯人の懐に入ってたわけだし。

 

一日も早い所在特定が待たれます。
今後も、今回の件に関する動向に注目です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました