代理婚活のトラブルや実態、本当に成功するのか|オンナの出口調査

テレビ番組
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて今回は、刺さる人には刺さりまくるテーマ、 「代理婚活」 です!
「婚活」 じゃないんです、 “代理” 婚活なんです。

たいちゃん
たいちゃん

代理で婚活なんてできるのかな?

ぽー
ぽー

言葉の意味は理解できるけど、全然具体的なイメージが湧かないね…

正直、今回の調査まで、私は婚活に 「代理」 があるなんてことを知りませんでした 汗。
シンプルに 「ど…どういうこと??誰かに結婚相手を探してもらうってこと!?」 という。

たいちゃん
たいちゃん

当事者が頼むのか、代理人が進んでやるのか…どっちなんだろう?

「自分で探さんかい」 という心の声はしばらく横に置いておいて、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

そもそも 「代理婚活」 って何?

ぽー
ぽー

そう、一番知りたいのはココ 笑。

とっても簡単に一言でまとめると 「子供のかわりに、当事者の親同士がお見合いをして、結婚を決める」 ということです。

たいちゃん
たいちゃん

すでに少々ヘビーな…香りが…。

ぽー
ぽー

これだけ見ると、あまり子供 (当事者) の意志に関わらず、両親が 「もう結婚してくれ」 って相手を探し出すイメージなのかな?

たいちゃん
たいちゃん

あまり子供の方から 「自分の結婚相手を探してきてくれ」 って積極的に頼むようには思えないしなぁ…。

ぽー
ぽー

今は時代も変わって、特にネガティブな意味でなくても 「結婚しない」 と決めてる人も普通にいるよね。

たいちゃん
たいちゃん

それでも、親世代からしたら 「やっぱり結婚はして」 っていう思いがあるのかな…。

「親の心子知らず」 といったところなんでしょうか…。

具体的な流れ

ぽー
ぽー

実際にどういう流れで進んでいくのかも気になるね!

基本的には参加しているのが本人か両親か、という違い以外は通常の婚活と変わらず、当事者のプロフィールや相手に求める条件を記入 (登録) して、合致する相手がいれば相手の親と面談する、という流れになります。

たいちゃん
たいちゃん

活動するのが本人か代理人かっていう違い以外は、普通の婚活とそんなに大きな違いは無さそうだけど…。

ぽー
ぽー

当然といえば当然なんだけど、相手方も親が面談に来るわけで、結構ピリついた空気になりそうな気がする… 汗。

たいちゃん
たいちゃん

本人達よりも、第三者ということでより 「審査感」 が増しそうだよね。
双方、 「自分の子供」 なわけだから、息子・娘自慢合戦になりそう 笑。

スポンサーリンク

成功するものなのか

ぽー
ぽー

使い古された言葉ではあるけど、 「結婚はゴールではなくスタート」 ってことで、とりあえず成婚できれば終了ではないよね。

そして、婚活とはその手前である 「成婚する」 までのハードルがなかなか高いわけでして、一部データでは、当事者同士の婚活に比べて、代理婚活の成婚率は大変低く、2%にも満たないということです。

たいちゃん
たいちゃん

この数字を見ても、 「成功するから頑張って!」 とはなかなか気軽に言えないね… 汗。

代理婚活によって起こるトラブル

ぽー
ぽー

ここまでくると、何となく起こるトラブルも予想がつくけども…。

代理婚活は、本人の意思というよりは 「親の意思」 によって行われいていることが大半です。

当事者自身はそもそも結婚をする気が本当に無かったり、自分の理想とはかけ離れた人を親が 「この人にしなさい!」 と押し付けてきたり、相手方とのトラブルというよりは、親子間でのトラブルに発展しやすいようです。

たいちゃん
たいちゃん

なるほど、相手とのトラブルってよりは、親子の間の考えの相違が亀裂の原因になってしまうことがあるってことか…。

また、結婚する気が無いとはいえ、人伝いに紹介された相手に 「あなたと結婚する気は無い」 と面と向かって言うなんてことは大変で、結局入籍ギリギリになって破棄、ということも。

ぽー
ぽー

これは本当にそうだろうね。
当事者同士に別に他意はなくても、「断る」 っていう事自体のハードルがまず高いしね。

相手方とのトラブルにまで発展すると、話し合いだけでは解決できず、慰謝料の話にまで及んでしまうこともあるそうです。

スポンサーリンク

子供側の本音

ぽー
ぽー

「代理婚活をされる側」 になっている、子供側の意見は気になるところだね。

過干渉な親が代理婚活をすると言っていますが、どうにかやめさせられますでしょうか。

私は自分でも婚活していますが、親の代理婚活だけは嫌だな…と思うのですがわがままでしょうか?性格も全く似ていないため、多分親の好みは全く合わなそうです。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14216139964?__ysp=5Luj55CG5ama5rS7

結婚する気のない子供にとって、親の代理婚活はかなり迷惑な行為ですよね。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12245092312?__ysp=5Luj55CG5ama5rS7
たいちゃん
たいちゃん

書き方は辛辣だけど、本人たちにとっては非常に頭の痛い問題であることがよく分かるね。

トラブルの件で書いた通り、まずは、親が子供に 「結婚する気持ちがあるのかどうか」 「気持ちがあるならどんな人を理想としているのか」 「親が子供の婚活をすること」 について、しっかりと認識のすり合わせをしておかないと、このような結果になるのではないかと思います。

ぽー
ぽー

特に、本人としてはむしろ明確に拒否しているのに、半ば “無理やり” 結婚させようなんてされたら、本人はたまったものではないよ。

たいちゃん
たいちゃん

第三者から見たら当然といえば当然なんだけど、やっぱり本人の意思や理想を無視して、 「孫が見たいから」 「世間体があるから」 「親心だ!」 っていう親の意思だけで暴走してしまうと、結婚どころか、親子関係までボロボロになってしまいかねないよね。

スポンサーリンク

「代理婚活」 に対する世間のイメージ

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13262549518?__ysp=JnF1b3Q75Luj55CG5ama5rS7JnF1b3Q7

自分が結婚したいけど出会いが無くて、親の価値観や生き方と
自分の価値観や生き方がある程度一致しているのなら、「一つ
の出会い」と思って会ってみるぐらいはいいのかもしれません。
その場合、「最後は本人の意思」と尊重してくれるかどうかです
ね。
「親のメンツが・・・」という人だったら困りますよね。

ただ、うちの親だと勝手に盛り上がって
「この人は完璧だ」と決め付けて「親の決めた相手と結婚しろ」
とか言いそうで後が怖いので、私だったら最初から会わないです。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141951846?query=%22%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%A9%9A%E6%B4%BB%22

親のすすめで親の知り合いの医師とお見合いしましたが最悪でしたね
何を根拠にこの人と私を合わせようとするんだと思いました
親の見る目って信用できるんだかできないんだか
代理婚活なんて絶対嫌です

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12196696612?__ysp=JnF1b3Q75Luj55CG5ama5rS7JnF1b3Q7
ぽー
ぽー

「おっしゃるとおり」 っていう感じだね。

たいちゃん
たいちゃん

客観的に見ても、やはり 「親と子、双方が納得しているなら良いのでは」 という意見が一般的なようだ。

「代理婚活」 ということそのものを批判や否定する必要は全く無く、手段の一つとしてはなんの問題もないと思います。

問題になるのは、3人目の方の意見や、既述したように、当事者たちの意見を無視して、親の思いを押し付けるようなことをしてしまったときですよね。

ぽー
ぽー

心配しているのもすごく分かるんだけど、そもそも子供も立派な 「大人」 で、 「一個人」 だから、最優先されるべきは本人の意思であって、親といえど他の人が無理やり強制してはいけないよね

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか!

たいちゃん
たいちゃん

なんかちょっとネガティブな感じの内容になってしまったね… 汗。

しつこいようですが、 「代理婚活」 という手段そのものはなんの問題もなく、 「親が子供の婚活をする」 ということとそのイメージだけで、安易に批判するのはよくないと思います。

ただ、先に書いた代理婚活の成婚率からも分かるとおり、うまくいくパターンは珍しく、前提として

  • 子供自身が 「親が代理婚活をすること」 を望んでいる
  • 本人も 「結婚したい」 と思っている
  • 子供の理想や希望を親がきちんと把握している

という、 「子供の意思を尊重した」 代理婚活でなければ、親子関係まで悪化してしまう危険があることも理解しておく必要がありますよね。

ぽー
ぽー

「多様性」 という言葉を頻繁に目にするようになって、人の持つ事情も色々だから、こういったユニークな方法も必要とする人がいるのは理解できるよね。

大事なのは、目的の本質を全員が正しく認識することだと、個人的に思った今回のテーマでした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました