人工クモの糸|作り方や仕組み、値段は?デメリットは無い?|ヴィランの言い分

テレビ番組
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは、“最強の新素材” 「人工クモの糸」 をご存知ですか?

ぽー
ぽー

まったく知らない!

たいちゃん
たいちゃん

何か、「凄い技術だ」 って話だけは聞いたことあるけど、詳しくは知らないなぁ…。

今回は、世界から大注目されているバイオベンチャー 「人工クモの糸」 について調査しました!

その作り方や仕組み、逆にデメリットは無いのか?
一般の人でも買えるものなのか、その値段など、色々な角度から掘り下げ!

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

なぜ 「クモの糸」 なのか

ぽー
ぽー

まず、なんで 「クモの糸」 なんだろう?

たいちゃん
たいちゃん

そうだよね。
繊維なんて他にもいくらでもあるのに、わざわざ注目したってことは、自然界にある 「クモの糸」 自体のポテンシャルが凄いってことだよね。

ぽー
ぽー

クモの糸は顔に付いたらまじで取れなくてずっとしかめっ面しながら手で払ってるイメージしかないんだけど 笑。

クモの糸は 「世界で最もタフな繊維」 と言われています。

軽さ … F1でも使用されている、カーボンファイバーの約4割
強度 … 鋼鉄の約4倍
伸縮性 … ナイロンを上回る
耐熱性 … 300度以上

例えば、直径1センチ程度のクモの巣を張るだけで、飛んでいるジャンボジェットすら捕獲できてしまうほどの強度を誇ります。

たいちゃん
たいちゃん

とんでもないな!

ぽー
ぽー

直径1センチのクモの巣で飛んでるジャンボジェットを捕獲!?
スゴすぎて逆にイメージがつかないんだが!

たいちゃん
たいちゃん

これだけの強度と耐熱性があったら、一回張られたクモの巣って、基本的には壊れないってことになるよね。

ぽー
ぽー

ほんと、過大評価でもなんでもなく、文字通り 「最強の繊維」 なんだ…。

クモの糸の特性を活かした新素材 「QMONOS®」

この、メリットだらけのクモの糸の特性を活かし、山形県鶴岡市を拠点にしているベンチャー企業 「Spiber (スパイバー) 株式会社」 が新素材 「QMONOS®」 を開発しました。

これまでも、クモの糸の特性には度々注目が集まっていたのですが、生産コストがかかりすぎるという問題点があり、量産するのは無理ということで、実現していませんでした。

Spiber株式会社は、そんなコストの課題を解決し、初めて量産技術を確立したのです。

単純な微生物にもクモ糸のたんぱく質が作れるよう、合成した遺伝子をバクテリアに組み込んで培養し、たんぱく質を生成しています。

また、課題であった安全性に関してもクリアした紡績技術を確立し、合成クモ糸の量産を可能にしました。

引用元:https://keikakuhiroba-mfi.com/archives/17955

ぽー
ぽー

私の頭には…む…難しい…。

たいちゃん
たいちゃん

難しいね…。
ザックリ言うと、「クモの糸のタンパク質を作ることができる微生物を作り出した」 ってことかな?

ぽー
ぽー

なるほど、今あるものでは量産が難しいから、仕組みごと新たに作ったってことなのか。
凄いアイディアと技術力だね!

スポンサーリンク

人工クモの糸にデメリットは無いのか?

たいちゃん
たいちゃん

ここまでの話では “メリットしかない” って感じなんだけど、デメリットは何なんだろう

天然のクモの糸には、唯一と言える弱点があります。
それは 「水に濡れると数十パーセントも縮んでしまう」 ということ。しかし、この大きなデメリットについて、Spiberでは何千匹という世界中のクモを遺伝子レベルで分析し、最終的にはこの収縮の問題を9割抑えることに成功しました。

このため、実質的に機能面でのデメリットは無いと言えます。

ぽー
ぽー

すごーーーーーーーーー!

たいちゃん
たいちゃん

天然を超えたのか… 驚。

ぽー
ぽー

真の最強の繊維を作り出したんだな…。

人工クモの糸は、どのように活用されるのか

「繊維」 なので、既存の様々な化学製品と置き換えることができます

産業の分野では、自動車・飛行機などの輸送機器や電子機器、医療の分野では、縫合のための糸や人工血管など、使用できる用途は無限に広がっています。

また、衣料などにも使用され、実際に 「人工クモの糸で作られたジャケットも生産されています。

たいちゃん
たいちゃん

確かに、今まで作られていた化学製品に、まるっと置き換え出来るのか。

ぽー
ぽー

そうそう。言うて 「繊維」 だしね。

たいちゃん
たいちゃん

これだけの強度と耐久性があるから、特に医療の分野なんかは私達に身近になるかもしれないね。

ぽー
ぽー

ジャケット着てみたいな…。

たいちゃん
たいちゃん

アウトドア用品とかには最適だよね!

スポンサーリンク

価格は?

2019年に人気ブランド 「ノースフェイス」 とSpiberがコラボし、50着限定で発売したジャケットの価格は一着15万円
ぽー
ぽー

た…!!!!

たいちゃん
たいちゃん

ちょっと、僕らでは簡単に手が出せる値段じゃないかなぁ… 汗。

ぽー
ぽー

同じ機能を持つ商品と比較すると、倍近くの値段らしい。

たいちゃん
たいちゃん

今はまだほんとうの意味で量産体制に入ってないから、やっぱり最初は値段は高くなるよね。

ぽー
ぽー

今後どんどん量産されて、この素材が当たり前になると、ウールか、高品質のコットンくらいの価格に近づけるかも、ってノースフェイスは言ってるそうだよ。

 

たいちゃん
たいちゃん

いいジャケットは1着持っておくといいよね。
頑張ったら買えるくらいまで値段が落ち着くといいなぁ~♪

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ぽー
ぽー

こんな凄い繊維を、まさかの日本が世界で初めて開発してたなんて!

たいちゃん
たいちゃん

こういうのを知ると、ちょっと日本人として誇らしくなるよね♪

ぽー
ぽー

これから、どんどん量産体制が整備されていって、同時に開発も進んでいくだろうから、身近に手に入れられるようになるのが楽しみだね。

たいちゃん
たいちゃん

一着は持っておきたいなぁ~。

ぽー
ぽー

友達とかに会う時に着て行って、「これ人工のクモの糸でできてるんだぜ」 なんて話したら、大盛りあがりだね 笑。

たいちゃん
たいちゃん

さらなる進化に期待だ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました